top of page

グローバルイノベーション:パープルオーシャン戦略(F07)



プログラムの目的:

リソースを共有し、競合他社や既存の社内ソリューションとは違う新しい方法を通して部門または事業目標に合わせた戦略的イノベーションを計画します。


  • グローバル市場向けに革新的な製品を開発する

  • 日本の組織向けにブルーオーシャン戦略を構築する

  • 世界中の従業員/パートナーと協力する


学習目標:

  • 古典的で革新的な製品がどのように開発されたかを理解する

  • ビジネスのための斬新なアイデアと、創造的な新しい計画方法を手にれる

  • チームでブレインストーミングやコラボレーションを楽しむ


言語要件:

このプログラムは、多様な参加者に対応するため、日本語と英語の両方で提供されます。


参加方法:

月々5,000円で、このプログラムをはじめ、30以上のバイリンガル異文化プログラムに参加し、グローバルリーダーシップスキルを磨くことができます。まず、下のボタンをクリックして、無料のコーチングセッションと1ヶ月の無料トライアルを開始しましょう。



 

プログラムの詳細とWebinarのスケジュール


日本の組織は通常、現場での経験や顧客のニーズを満たすための技術革新のために『改善』を繰り返しますが、それは時間がかかり、漸進的であり、特定の戦略的方向性を持たない場合があります。ブルーオーシャン戦略などのモデルを使用すると、全体像を把握し、利益が高く競合他社のいない市場に迅速かつ戦略的に参入したり、社内の部門に革新的なソリューションを提供したりできます。


ウェビナー 1: ブルーオーシャン戦略: 費用対効果の高いソリューション提案または製品そのものの改善を目指す

  • ブルーオーシャン戦略を駆使して競合他社とサービスを差別化することに成功したグローバルビジネスのケース分析を行う (機能を新たに追加、改善、削除、または削減した独自のソリューションを作成する)

  • より質が高く、低コストのソリューションを提供するためのリソースに重点を置き、再配分を行った企業や政府機関の例を分析する

  • 知っているレッドオーシャン (価格だけで競争する) サービスや製品の簡単な適用について考える


ウェビナー 2: パープルオーシャン戦略* : 日本の組織におけるチームワーク重視の利点を利用して、レッドオーシャン市場内でブルーオーシャン手法を導入する

  • ブルーオーシャン戦略とチームワーク重視のコラボレーション (ソニー ウォークマン、トヨタ レクサス、ポケモン GO など) を組み合わせて、世界を変える革新的なヒット製品を生み出した日本の組織の歴史的な例を調べる

  • チームコンテスト: パープルオーシャン戦略 (ブルーオーシャンイノベーション + 柔軟なパートナーシップとコラボレーション) を使用して、新しいグローバル製品またはサービスを開発する

*パープル・オーシャン戦略 - J-Global が大手メディアおよび物流クライアントと協力して、日本の強みである協働とウィンウィンのパートナーシップを基盤として開発された戦略。


日程 (JSTで記載)


(後日更新予定)


参加者のコメント:

  • 「海外の子会社と連携して管理体制や PMI を変えるための斬新なアイデアをたくさんもらました。彼らは変化を嫌っているのだと思っていましたが、今では私たちが一緒に達成したいことが何なのかを彼らは理解していなかったのだとわかります。」 -ビジネス開発マネージャー、機械部品製造





 







Comments


bottom of page