top of page

グローバルビジネスでのマーケティングS2(F02)


プログラムの目的:

  • 文化により異なる価値観をマーケティング手法に反映させる。

  • 現地市場のニーズに合わせてメッセージや提案を調整する。

  • グローバルマーケティングのベストプラクティスを学び、適用する。





ウェビナー 1: ウェブサイトとキャンペーンに対する顧客の期待の文化の違い

  • 日本とグローバル (英語) の典型的なビジネス傾向、およびそれに応じて異なるマーケティングスタイルがどのように必要になるかを学びます。

  • ウェブサイトと製品のポジショニングを様々な文化的期待に合わせて調整する方法を学びます。


ウェビナー 2: グローバルデジタルマーケティングのベストプラクティス

  • 複数の国でキャンペーンを実施するための 10 のベストプラクティス。

  • キャンペーンに微調整を加える方法を学びます(ケーススタディまたは自分の状況に基づいて)。


背景:

コンピュータおよび小売業顧客を対象に、日本および世界のトップ競合企業のウェブサイトを調査したところ、文体に大きな違いがあり、これらの国の文化の違いについての私たちの経験と一致することがわかりました。ギギャップを理解することができれば、簡単な方法でギャップを埋めることができます。


日本企業のマーケティングは、米国の企業に比べて、競合他社との比較、証拠、成功事例、価値の詳細な説明が少なく、より関係性を重視する傾向があることがわかりました。一方、日本の B2B 顧客は「稟議」承認プロセスにリンクされた部門横断的なチームで意思決定を行う傾向があるため、より技術的な詳細や複数の種類のメリットの説明が存在する傾向があるのに対し、グローバルマーケティングはよりシンプルで、単一タイプの意思決定者であったり、価値や投資収益率の証拠に重点を置き、いくつかのメリットのみが強調されています。


当社は、数十社を対象に行ったセミナーやコンサルティングの中で、これらのギャップを確認し、ウェブコンテンツの「ヒートマップ」分析、主要な意思決定者の視点に合わせたポジショニングと独自のメリットの説明の簡素化など、グローバルマーケティング戦術を日本に適応させる、あるいはその逆のシンプルな方法を開発しました。


利点:

  • それぞれのスタイルに最適なアプローチを適用することで、日本市場または世界市場でのマーケティング成果と販売機会を増やします。






 




Comments


bottom of page