top of page

日本における外国人従業員のマネジメント(D01)


目的:

日本にいる外国人スタッフを効果的に雇用、訓練、管理、開発、維持し、日本に留まるか海外での業務を管理するかにかかわらず、高いパフォーマンスを発揮し、長期的に意欲のあるリーダーとして維持します。




  • 外国人スタッフのモチベーションと忠誠心を高める

  • 効果的に雇用、管理、トレーニング、維持する

  • 信頼され、熟練した、意欲的なリーダーを育成する


おすすめの参加者

  • 日本で外国人社員を管理する日本人リーダー、外国人社員のサポートや育成を担当する日本人社員。(業種としては、ITエンジニアリング、ホテル・レストラン、小売、医療、輸出入、建設、工場生産などが挙げられる)。


学習目標

  1. 効果的な異文化間コミュニケーション: 異文化の違いを乗り越え、協力的な職場環境を築くため、非日本人従業員と効果的にコミュニケーションをとる能力を開発します。

  2. 多文化のチーム統合: 外国人従業員を多文化のチームに統合し、チームワークと生産性を向上させる戦略を学びます。

  3. 対立解決と従業員の定着: 対立解決と従業員の定着に必要なスキルを習得し、離職率を低減し、モチベーションのある職場を育てます。

  4. 文化的感受性とリーダーシップ: 多様なチームを効果的にリードし、包括性と尊重を促進するための文化的感受性とリーダーシップスキルを開発します。

  5. パフォーマンス管理とキャリア開発: 非日本人従業員向けのパフォーマンス管理技術とキャリア開発戦略を学び、組織内での成長を確保します。


背景

日本の管理者は、ボトムアップの自主的な行動と学習を期待して、曖昧な指示を与えることがあります。また、詳細な報告と確認が必要な場合もあります。外国人スタッフは働き方に戸惑ったり、モチベーションが下がったりすることがあります。


チームベースの作業方法を説明し、グローバル スタッフの作業と情報共有に対する明確な目標と期待を設定します。次に、彼らをサポートし、指導します。


メリット

  • 働き方における文化的な違いを理解し、ジョブホッパー、やる気のない、またはパフォーマンスの低いスタッフへの対応など、文化的な違いを埋めるためのコーチング管理と明確なコミュニケーション スキルを学びます。

  • 多様性に対応し、自身のスキルを構築し、外国人従業員のモチベーションとパフォーマンスを向上させる組織変更を提案して実行するための前向きな成長マインドセットを開発します。


言語要件

  • このプログラムは、多様な参加者に対応するため、日本語と英語の両方で提供されます。


参加方法

月々5,000円で、このプログラムをはじめ、30以上のバイリンガル異文化プログラムに参加し、グローバルリーダーシップスキルを磨くことができます。まず、下のボタンをクリックして、無料のコーチングセッションと1ヶ月の無料トライアルを開始しましょう。








詳細


ウェビナー1: 成功への扉:グローバルな才能の定着を解き放つ


グローバル人材を維持し、日本の組織内での離職率を減らすための鍵を明らかにしましょう。

問題: 日本の組織で働く外国人従業員は、ストレスを感じて辞めてしまうことがよくあります。

影響: 早期退職は、コストの増加、そして日本人の同僚への作業負担の増加を引き起こし、チームの生産性の低下につながります。

原因: 日本の職場環境内において、文化的な違いや言語の壁によって明確な情報共有や成長マインドセットが不十分であることが多いため、外国人従業員のストレスの一因となっています。

解決策: このウェビナーに参加して、企業の価値観や働き方・メソッドなどについての明確な情報とガイダンスを提供するような、やる気を起こさせる入社体験を設計しましょう。


ウェビナー2: 最高のパフォーマンスを発揮するための異文化チームワーク


外国人従業員を効果的に日本のチームに統合し、チームのパフォーマンスを最大限に引き出しましょう。

問題: 外国人従業員を管理して日本のチームに馴染んでもらうことは時に難しく、チームのパフォーマンスに影響してしまうこともあります。

影響: フラストレーションや対立などが生じると、外国人従業員やマネージャー、その他同僚など、職場全体の生産性や人間関係に悪影響となってしまう可能性があります。

原因: 外国人は、柔軟性や助け合いの精神を大事とするチームワークなど、日本人が幼少期から学んできた価値観を必ずしも同じように理解しているとは限りません。曖昧な指示、日本目線で設定された期待値、コミュニケーション・ギャップなども問題の原因となります。

解決策: このウェビナーでは、報・連・相や会議前の根回しなど、チームベースの作業方法を上手く説明する方法を学びます。グローバルスタッフのために明確な目標や期待値などを設定し、情報共有の文化を育みます。定期的に1対1の対話的なディスカッションを通じて、サポートとコーチングを提供します。


ウェビナー3: ハイパフォーマンスなグローバルリーダーへとサポート


外国人従業員が日本の組織で優秀なハイパフォーマンス・リーダーになれるよう支援します。

問題: 一部の外国人従業員は、日本の組織においてスキル向上や価値の貢献をすることに苦戦している人々もおり、それが日本の管理者にとっての課題ともなっています。

影響: 日本人マネージャーと外国人スタッフの間でストレスや対立などが生じ、その結果パフォーマンスの低下や離職につながってしまう可能性があります。

原因: 従来の日本の職場研修とフィードバック方法は、外国人従業員にとっては否定的で明確さに欠けていると感じられる場合があり、外国人従業員が成長しにくい環境となってしまっています。

解決策: このウェビナーでは、心理的安全性の構築、コーチング・スタイルのコミュニケーションの採用、キャリアにおいての目標の明確化などについて学びます。明確で前向きなフィードバックを提供する効果的な方法を活用し、外国人社員を将来のリーダーに育てます。



日程 (JSTで記載)


Group 1(講師:ジョン・リンチ他)

  • Webinar 1:2月15日(水)18:00 - 19:00

  • Webinar 2:3月6日(水)19:00 - 20:00

  • Webinar 3:4月3日(水)19:00 - 20:00


Group 2(講師:ジョン・リンチ他)

  • Webinar 1:2月8日(水)14:00 - 15:00


  • Webinar 2:3月21日(水)16:00 - 17:00

  • Webinar 3:4月18日(水)16:00 - 17:00


Group 3(講師:ジョン・リンチ他)

  • Webinar 1:5月15日(水)19:00 - 20:00

  • Webinar 2:6月5日(水)19:00 - 20:00

  • Webinar 3:7月3日(水)19:00 - 20:00


Group 4(講師:ジョン・リンチ他)

  • Webinar 1:5月16日(水)16:00 - 17:00

  • Webinar 2:6月20日(水)16:00 - 17:00

  • Webinar 3:7月18日(水)16:00 - 17:00



参加者のコメント:


  • 日本企業と海外の考え方を詳しく分析・比較していただきました。今後のグローバル化に向けて挑戦する意欲が湧きました。実際の事例を知ることができて有益でした。外国人労働者が直面する問題とその解決策。」 -IT ストレージ ソリューション会社のプロダクト デザイナー

  • 多くの活動を通して、外国人労働者が混乱したり、他の人と衝突したりする点を理解できました。それは今後に役立ちます。"- 家庭用品店チェーンの小売マネージャー

  • とても興味深く、大きな自信になりました。このグローバル化の中でも日本のビジネススタイルがまだ有利であるとおっしゃっていたので、とてもうれしかったです。」 - 財務コーディネーター . 物流会社




 





bottom of page