top of page

J-グローバル 異文化ビジネススクール

優秀なグローバル人材になるための

 

コミュニケーション術

 
button.png

7,000名以上の日本人支援実績あり

「英語ができる」だけではダメ
グローバルに働く心得を学ぶ

必要なのは異文化への理解と、
コミュニケーションを楽しむ気持ち

一般的に日本人は、会議での積極的な発言などは避け、質問を控える傾向があります。グローバルビジネスで成功するためには、対話的でフレンドリーな「英語を話す際のパーソナリティー」が必要となります。

3fb464_b5592f1080874279934cac59d10fa658_mv2.png
対象者
「優秀なグローバル人材になるためのコミュニケーション術」は、以下のような問題に直面している方向けのプログラムです。
これからグローバルに活躍したい方、社内のグローバル化に貢献したい方は必見です!

以下のお悩みはありませんか?

Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
英語でコミュニケーションをすることに自信がない
Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
英語で意見を発言することに不安やストレスを感じる
Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
外国の方が話す内容が理解できなかったり、話を中断して質問することができずに困っている
Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
外国の方に対して、より明確に、説得力のあるコミュニケーションをとりたいと感じる
Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
英会話クラスでビジネス英語を勉強しようと試みたが、未だに流暢に話すことができない
Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
文化的なギャップを超えて、フレンドリーな関係を築きたい
従来の方法では
「英語を使って働くこと」への理解が
不十分かもしれません
演説者- new.png
ビジネス英会話講座(グループ)
一般的に日本人受講者は積極的な発言などは避け、静かに参加する傾向があります。グローバルビジネスで成功するためには、対話的でフレンドリーな「英語を話す際のパーソナリティー」が必要となります。
ビジネスミーティング-new .png
ビジネス英会話講座(個人)
日本人受講者は、できるだけ英語の間違いを指摘してほしいと望むケースが多いですが、細かい間違いまで指摘しすぎると、流暢に話せません。英語は非ネイティブスピーカーの共通語であり、完璧な英語を話すことはそれほど求められていません。
男性のサイン- new.png
セミナーやビジネス英語eラーニング
知識を学ぶことも大切ですが、成功するためには実践も必要です。たとえば、謙虚さを重んじるフォーマルなスタイルよりも、自信をもってコンサルティングするなど、グローバルなニーズに対応するために、自分のやり方をどう変えるかを学びます。

本プログラムでは

英語を話す上で必要な

"マインドセット"を学べます

Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
必要になるマインドセットとスキルを学び、それを実際のビジネスシーンに当てはめて練習します。
Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
E‐ラーニング、ディスカッション、対話型レクチャー、個別コーチング、アクションラーニング等を、自分のニーズに合わせてカスタマイズし、効果的に学ぶことができます。
Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png
適切なスキルだけでなく、実際に仕事で使えるアクションプランを習得することができます。

​ウェビナー開催予定日

J-Globalの実績

この月額制のサービスを提供する企業J-Globalは、100社以上の日本企業でのコンサルティングや、グローバル化に向けたワークショップで高い評価を得ています。
11062b_29a1c8f35a4847a58055412c66100ea4_mv2.png
J-グローバルは長年にわたり、企業または個人によるグローバル改革について学んできました。そして私たちは今、その知識をJ-グローバル 異文化ビジネススクールを通じて皆様にお届けします。

本プログラムでは「GX ALPHA」という学習システムを使って、知識だけではなく、グローバルビジネスの中で生き抜くためのスキルやマインドセットを提供します。

定額制サービスにより、ニーズに合った学習が無制限に行なっていただけます。

私たちのミッションは、日本に拠点を置く企業が異文化間で効果的にビジネス行う方法を見直すお手伝いをすることです。

組織、または個人が持つ日本と海外のワークスタイルの強みをミックスし、高機能で多様性のあるチームでグローバルに成長するための強固な基盤構築を目指します。
J-Globalがサービスを提供した企業様の一部(順不同)
Adidas logo-min.jpg
Fujitsu Logo-min.jpg
Disney logo-min.png
GSK logo-min.png
Hitachi-min.png
Kawasaki logo-min.png
JCB-min.png
Konami logo-min.png
Olympus logo-min.png
Oracle-min.png

​どのウェビナーも一回無料トライアル

日本企業の海外担当者、多国籍チームの管理職、グローバルビジネス関連の方、外国人従業員など、さまざまな対象者が直面する課題の解決スキルを学ぶためのプログラムがたくさん

GX ALPHAの学習プロセス

GX ALPHAでは、個々のニーズに合わせて学習したい内容をカスタマイズできます。
Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png

ニーズ分析
学習計画の立案

Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png

学習ウェビナー
e-ラーニング
ナレッジハブ

Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png

練習ウェビナー
行動計画作成

Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png

評価修了証

arrow 3.png

Help お助けツール

Eo_circle_green_white_checkmark.svg.png

必要に応じて他のコースのウェビナーを追加できます。追加料金は一切かかりません。その他にもEラーニングやナレッジハブを使い、いつでも質問やサポートを受けることができます。

スケジュール

1.png

無料オンラインコーチング
現状課題を分析し、本プログラムを通して取得したいスキルなどの目標を明確にします。

3.png

   ​

目的/メリット

英語力に関係なく、自信を持って外国人とコミュニケーションが取れるようになる方法を習得できる

内容

●オープンなコミュニケーションマインドセットについて
●自分の考えを説得力を持って議論するコツ、相手の話を遮っても質問することの重要さを解説
●知っている英語を効率よく使うコツ

2.png

目的/メリット

ロールプレイを通して必要なスキルを練習する。たとえば、外国人の話を明確に理解できない場合や聞き取れない場合、どのように会話をコントロールするか、そして的確な単語がわからなくても自分の考えを説得力を持って発言する練習を行う。

内容

●ケーススタディ: 日本のビジネスパーソンが英語を話す際によく直面するコミュニケーションの課題を明らかにし、それを克服する方法を紹介
●アクションプラン: 直面する課題を特定、分析し、状況を改善するためのアクションのロードマップを作成
●ロールプレイ: J-Globalのコミュニケーションルールを活用し、文化的ギャップを解消するための解決策を分析し、提案

5.png

Eラーニング & ナレッジハブ & コミュニティ

 

目的/メリット

グローバル企業で成功するために、よくある異文化間の誤解を見分ける方法と、その障壁を克服するための戦略をより深く知ることができる

内容

●異文化比較ディスカッション:日本 vs グローバル 

●異文化コミュニケーションのフレームワーク

●カルチャーギャップを克服するためのアドバイス

​追加ウエブセミナー

目的/メリット

ご自身のニーズに合わせて、以下のウェビナーで学習することも可能です。(あなたの学習を支援しているプログラムのみ書かれているので、番号が抜けている場合があります。)

 
4.png

改善レポートと修了証

3ステップ学習法

 
ステップ1:ケーススタディー
ビジネスシーンで実際に起こりうる事例を使って、日本企業で働く上での典型的な課題を検証し、解決策を検討します。
日々の業務で同様の問題が生じたとき、前向きに対処できるようになります。
6.png

ステップ2:個別のアクションプランを作成
課題や目標に優先順位をつけ、次にどのようなアクションを起こすか、具体的な計画を立ててみましょう。
私たちのプランニング・テンプレートを使えば、簡単にできます。

7.png
  • 自身の長所を知り、目標達成に役立

  • 今の状況を変えるために必要なスキルを明確にする

  • コミュニケーションを取る際に誤解が発生する

  • 間違った英語を使うことが心配

  • ワークスタイルの違いがわからない

  • プレゼンや会議での発言に不安がある

  • 例:「リスニングの難しさ」について

  • 会議において、何割ほど英語を理解できていますか?

  • 何割ほど理解できるようになりたいですか?

  • リスニングの難しさを克服するために、あなたができること5つを考えてください。

  • 解決策のリストアップ

  • どのような行動を取るのかを明確にする

  • KPIの設定

ステップ3:ロールプレイ
ステップ2で作成したアクションテンプレートを使って、チームでロールプレイをします。実際に体験することで、自分のアクションプランを評価し、改善することができます。チームで意見を出し合いながら、楽しく効果的にスキルがつきます。

ロールプレイの設定(例)あなた+日本人上司との会話

8.png

本プログラムにご興味がある方、​スキルアップしたい方

「英語を使って働きたいが、何から始めればよいかわからない」
「外国人チームメイトと円滑にコミュニケーションを取りたい」
「もっとグローバルな仕事がしたい」など、
まずはあなたの現状をお聞きし、目標設定をサポートするための
無料オンラインコーチングにご参加ください。

講師紹介

Jon .jpg

ジョン・リンチ Jon Lynch

ジョン・リンチ Jon Lynch

30年以上日本に住んでいる日英バイリンガルコーチです。

これまで10,000人以上の日本人、100社以上の日本企業でバイリンガルのトレーニングとコーチングを行ってきました。

日本人がグローバル化を理解し世界に貢献できるようにすることを目指し、異文化間教育の普及に情熱を注いでいます。

ジョンもオンラインコーチングを担当します!

あなたのキャリアパスを一緒に考え、マインドマップを作りながら楽しくお話させていただきます。日本語でも英語でもOKです。プログラムに参加する/しないに関係なく、ご自身の考えを整理するための20~30分になります。お気軽にお申し込みください。

その他にも専門知識を持った講師陣がサポートいたします!

Sarah-Picture-min.jpg

Dr. Sarah L. Birchley

Business School Director, Instructor

Nate-picture-main.jpg

Nathan DeWit

Instructor, Coach

Graham-picture-main.jpg

Graham Lenz

Instructor

Ariadna Puig.jpg

Adiadna Pulg

Coach, Success Supporter

Akari photo.jpg

Akari Teramoto

Success Supporter

スクリーンショット 2022-10-07 115237.png

Ikem Okoboshi

Community Coach

Hisako Picture.jpg

Hisako Miyamori

Coach, Success Supporter

​参加者の声

shutterstock_187520735.jpg

自信アップ

グローバルプロジェクトに挑戦する勇気をもらえました。今後もっと懸命に英語を勉強する必要がありますが、必ずできると確信しています。ありがとうございました。

グローバルフード卸業 コーディネーター

shutterstock_1978741601.jpg

ポジティブなマインドセット

充実したレッスンをありがとうございました!英語を話す人口の80%が非ネイティブという事実に驚きました。今まで英語で話す際は、テストのように完璧である必要がある思っていましたが、グローバルコミュニケーションでは小さな間違いを心配する必要はないと聞き、ほっとしました。

不動産会社 賃貸部門

shutterstock_386702071.jpg

英語で考える

講義には非常に感銘を受けました。特に、「英語は間違ってもいい言語」、「ビジネスで英語を使うときは、英語の人格になりきり、下の名前を使ってみましょう」、「時間節約のために、英語で考えましょう」といった言葉は、私の視野を広げてくれました。

テクノロジーカンパニー 管理業務コーディネーター

  • How do I join the program?
    If you are interested,Online coaching. If you do not need it, please sign up for the free trial or the plan of your choice and reserve the class of your choice.
  • What other programs are there?
    For a list of other programs, please here.
  • My company has told me not to discuss my work outside the company. How can I participate in this program safely?
    We take confidentiality very seriously and ask participants not to discuss confidential company information.
  • How do you support English and Japanese learners?
    The bilingual instructor in charge of this program speaks an appropriate combination of Japanese and English so that everyone can understand. Participants can choose to speak English or Japanese, or both. English is generally used in global work, so it is recommended to participate in English as much as possible.
  • What are the learning components for ILP and how do I access them?
    Text
  • How does the ILP program support learners in English and Japanese?
    Text
bottom of page